前へ
次へ

リフォームは内容を説明してもらうほうが良い

長年住んだ家をもっと住みよく作り変えてくれるリフォームの場合、業者さんがすべて勝手に作り変えるわけではありません。
仕事を依頼した側の要望をきちんと聞き、どこに何を設置するかなどを細かく取り決めた後で見積もりを出し、OKが出たら工事が開始されるわけです。
これとは逆にリフォームをする場合、業者さんにすべてお任せする手もないわけではありません。
それは業者さんを全面的に信頼しているか、自分たちではプランがまとまらないからお任せするのか、その理由はさまざまです。
私の経験上、リフォームはお任せしないできちんと内容を説明してもらったほうが良いでしょう。
風呂やトイレ、玄関などを作り変える場合、そこに長く住む人の意見が尊重されてしかるべきです。
また、自分たちの意見がないとカタログ通りの内容になったり面白味がなくなってしまいます。
住居は一番個性が出る物で、住んでいる人が一人一人家に個性を加えていきます。
改築工事をする場合、その個性が反映されたほうが納得できる物が完成するでしょう。

Page Top